任意売却物件はなぜ割安なのか

任意売却物件はなぜ割安なのか

物件探しをしていると、任意売却物件というものに出会うことがあるかもしれません。
任意売却物件は相場よりかなり割安だと感じますが、普通の中古物件となにが違うのでしょうか。任意売却物件が相場の価格よりも安く売りに出されるのは、複合的な理由がありますが、第一には物件の所有者にとっても、債権者にとっても、早く買い手がつくことが重要になるので、価格を下げることが多いです。
そして、通常売主が責任を負う瑕疵担保責任を、任意売却物件ではそれがないのです。これは物件が現状のまま引き渡されることを意味しています。ペットを飼っていて壁紙やフローリングがぼろぼろになっていたり、設備が壊れていたりすることもあるので、その分を値引きしています。さらに、任意売却物件であるということのリスクをとって割安の価格で売りだされるのが一般的です。

 

競売と任意売却の異なっている点

競売と任意売却は似ているような気がしますが、詳細をよく見ていると全く異なっています。
まず競売は法的な処置ですが、任意売却は自主的な処置です。この時点でこれだけ異なっており、基本的には競売より任意売却の方が色んな面で優れています。競売の方が優れている点としましては、手続きがとても早く完了させる事ができる点くらいだと私は思っています。ですので、競売と任意売却では実際に大きく異なっており、任意売却の方があらゆる点で優れています。
この事から任意売却の方が他の方から見て、イメージを持たれる事がとても多いです。競売と任意売却の異なりについて、調べれば調べるほど違っている部分を見つける事ができるので、興味がある方は違いについてお勉強してもらいたいと思います。

Blog

Calendar