任意売却で健全な生活を取り戻す

任意売却で健全な生活を取り戻す

失業などが原因で住宅ローン返済が滞っている場合、悲観的になってしまいがちです。督促状や催告書、さらには、競売開始決定通知が送られてきても、このまま黙って競売にかけられるのを待つしか無いのかな、それとも、自己破産するしか無いのかな、と思ってしまう人もいます。
しかし、任意売却をすれば、競売や自己破産を防ぐことは十分に可能です。また、競売開始決定通知が届いたからといって、任意売却をあきらめる必要はありません。急げば、任意売却が間に合う可能性は十分あります。任意売却をすれば、競売のように安く住宅を買い叩かれることもなく、自己破産のように全財産を失うこともありません。
実行可能な返済計画を立て、健全な生活を取り戻すことも可能ですから、一度、任意売却業者などに相談をしてみてください。

 

任意売却による諸費用

任意売却が成功していざ家を売るとなったとき、さまざまな費用が掛かります。この費用をどうやって支払うかが、任意売却を行った人の悩みのタネである場合が多いです。
では任意売却を行ったあとに発生する費用をあげてみましょう。ざっとあげると以下の通りです。「売買の仲介手数料」これは業者を通して任意売却した際に発生する費用です。「抵当権等の設定があればその解除のための登記費用」「その登記を依頼する司法書士への報酬」「税金の差押え解除のための費用」「マンション管理費滞納があればその清算金」 また家を出て新しい住居に引っ越すための「引越費用」、その他処分品が発生する際の費用、ハウスクリーニング代など意外なほどお金が掛かりますから任意売却の前に計算しておきましょう。

Blog

Calendar