任意売却をするために具体的にすることとは?

任意売却をするために具体的にすることとは?

任意売却をするために、具体的に何をしたら良いのでしょう。多くの場合まずは不動産会社などの専門の仲介業者に依頼しましょう。
そこで仲介業者は、債権者(金融機関)に連絡をして、任意売却をおこなうための交渉や話し合いを進めていきます。なるべく依頼者の希望に沿うために交渉をしていきます。また任意売却をおこなうにあたって税金などの支払いの遅れがある場合には、代行して役所の担当者に連絡をすることもあります。同時に不動産を売るために地元の不動産仲介業者に話をすすめていきます。
仲介業者は依頼してくれた人の希望になるべく沿うように任意売却を進めていきますのでなんでも相談したり、要望を伝えましょう。任意売却は自分の意思で行動することが大切です。

 

任意売却に関する基礎事項

任意整理の一場合である任意売却は、競売よりも高い価額で売却できるので、その後の生活再建がより速く進むというメリットがあります。また、こうした任意売却は競売とは異なり裁判所が関与しませんから、債権者と債務者との間で柔軟に残債務の返済計画を決めることができます。
競売にかけられる前に任意売却を選択することがよく、債権者と担保権者が同じであれば交渉はスムーズです。しかし、債権者と担保権者が異なる場合は担保権者に抵当権等を抹消することに同意してもらう必要があります。
ですからこうした任意売却に関しては専門家に依頼するのが賢明です。不動産会社の中にも任意売却を専門にしているところがありますから、まずは相談をしてみましょう。

 

-->

Blog

Calendar