任意売却にかかってしまう費用とは

任意売却にかかってしまう費用とは

任意売却というものですが、実はかなりの金額がかかってきてしまう事もあります。注意しなければいけないと覚えておきましょう。もちろん最初に多額のものがかかるという事はありません。お金がないからこそ任意売却をするからです。そもそも任意売却にかかる費用は、不動産の売却にかかる費用や不動産を手放すのにかかる費用が主体となります。不動産仲介手数料がもっともおおきいものですので覚えておきましょう。売買価格の3パーセントに6万円をプラスしてさらに消費税がかかる額となります。仮に3,000万円で売れたとしたら、100万8,000円となります。思った以上に大きな数字です。
任意売却には上記したもの以外に抵当権の抹消費用と司法書士の報酬や固定資産税等の滞納精算金、そして担保権者のハンコ代などもかかります。任意売却を業者にお願いする場合には、前もってどのくらいの費用がかかるのかという見積もりを出していただくのがお勧めです。

 

任意売却に関する誤解

住宅ローンの滞納を続けると、近い将来に強制的に自宅が競売にかけられてしまいます。そうなる前に任意売却をしたほうがいいのですが、任意売却について誤解していて、任意売却をしようとしない人もいます。
例えば、任意売却をするには、法律の知識が必要だと誤解している人がいます。実際に任意売却をするとなれば、任意売却の会社に依頼して代行してもらうことになります。ですから、依頼者自身は法律に詳しい必要も無ければ、面倒な手続きを自分でする必要もないのです。
他にも、任意売却でも競売でもどうせ住宅を手放すのだから同じだという誤解もあります。手放すのは同じでも、売値が大きく異なりますし、また、今後の返済スケジュールの厳しさも全然違ってきます。
まずは正しい知識を持つことが、任意売却の第一歩と言えるでしょう。

Blog

Calendar