不動産購入にかかる登記のための諸経費について

不動産購入にかかる登記のための諸経費について

不動産を購入する時には登記というものがどうしても必要になります。
その登記というものですが、しっかりと行っていくためにもいろいろと考えておく必要もあります。
例えば、所有権移転というものもかかってきます。不動産の所有権が変わるわけですので、そのためにかかる費用です。さらに、保存登記というものもあります。これは不動産が新築であった場合のみです。未登記の不動産建物を登記することになりますので、新築のみとなるわけです。 さらに、抵当権設定というものもあります。購入した不動産物件を担保するためにかかる費用となります。
以上のような費用がかかってきます。
まだ他にもかかる費用がありますので、前もってある程度は準備しておきましょう。

 

不動産投資とローンのリスク

不動産投資を始める場合に、自己資金が足りずローンを組んで投資するのは特別なことではありません。しかし、不動産投資におけるリスクの中でも、やはり直接の債務となるローンのリスクはとても大きいものがあります。
賃貸物件で、空室が無い状況での収入を見込んでローンを組むのは、かなり危険な考え方です。
どのような不動産投資物件でも稼働率が100%というのは難しく、空室の分は自分でローンの返済に充てなければならないので負担になります。空室が目立ってきたときに、返済が追いつかなくなるほど借りてしまうと、不動産を手放す羽目になりかねません。
しかし、借り入れ年数を増やせばトータルで見たときに回収が遅れるばかりか、金利の変動による影響も受けやすくなります。
毎月少しずつでも繰上返済できる程度の不動産からの見込み収入と、借入金のバランスが大切になります。



Blog

Calendar