不動産の鑑定評価と市場調査

不動産の鑑定評価と市場調査

不動産の鑑定評価を行う上で、市場分析の重要性はますます増してきています。市場分析を行う上では、地域分析と個別分析が大きな意味をもっています。
地域分析においては、不動産の種類によって代替・競争関係にある類似不動産の存する範囲が異なってくることになります。不動産がマンションである場合、ディベロッパーの立場にあると同一受給圏はマンション立地として適正な土地ということになり、かなり広大な範囲になります。よって類似地域の外に存在する不動産であっても、競争・代替などの関係が成立します。
個別調査においても、対象不動産の最有効利用が大規模なマンション用地と判定されたのならば、大規模マンション用地の中で、対象不動産はどのような競争力を持つのかを分析することが大きな意味をもちます。

 

収益不動産が注目されている理由とは

収益不動産というのは、簡単にいえばアパートやマンション、駐車場などの、他の人に貸して賃料を取ることにより定期的な収入が得られる不動産のことを言います。
なぜ収益不動産が注目されているかというと、今や長引く不況で銀行預金の利息は当分高利回りが期待できず、投資信託などの資産運用よりも、収益不動産の方がトータルの利回りが高いと考えている人が多いためです。

収益不動産には、他の資産運用と同じようにリスクは伴いますが、長期的にみると家賃収入による回収だけではなく、投資に対して不動産という資産が最終的に残るメリットがあり、更に不動産価値の上昇によって転売による利益も考えられるなど、他の投資に比べて大きな可能性を秘めている特徴があります。

Blog

Calendar